Architecture

<FLOW>

  • 計画のご相談
    お問合せをいただいた後、顔合わせ・ヒアリングをさせていただきます。
    お客様とざっくばらんにお話しをさせていただいき、基本構想のプレゼンテーションを行います。
     プレゼンテーションについて:
     ご要望・ご予算や敷地の特性をもとに様々な建物タイプの検討をし、
     最適と思われるプラン・CG等を提示いたします。
      ※プレゼン提案料が発生します。(1度の提案につき、5万円~)
       その後、設計監理業務契約に至った場合は、プレゼン提案料を設計料に充填致します
      ※基本構想ではコンセプト(ゴール地点のイメージ)がマッチするかが大切だと考えています。
       間取りや使う素材などは 打合せを重ねることでより良い空間を共につくらせていただきます。
      ※顔合わせから初回プレゼンまでの期間は1ヶ月ほどいただきます。

  • 基本設計
    プレゼンテーション案にご承諾頂けましたら、設計監理業務契約を行います。
    材料や設備の仕様・構造計画を検討していきます。
    外観(模型・CG)・内装などをまとめ全体概要を決定していきます。

  • 実施設計(工事に必要となる細かな設計)
    基本設計をもとに、各部詳細の納まりを決定し、工事に必要な詳細図面を作成いたします。
    実施設計図面は施工者への大切なメッセージですので、丁寧に描かせていただきます。

  • 見積・工事契約
    施工会社に見積り依頼致します。
    提出された見積書を適正な価格か、見積り落ちなどがないかチェック致します。
    提出された各見積書を比較検討し、見積り調整を行った後、施工業者の選定を致します。
    そしてお客様の了承を得た上で決定した施工会社と工事請負契約を結んでいただき、着工となります。
    建築確認申請等、工事に必要な申請業務については、工事金額・図面などが確定した時点で行います。

  • 現場監理
    設計図の意図を確実に施工業者に伝えるために、定期的に現場を確認し、工事の進捗をチェックし、報告させていただきます。
    また最終的な仕上材やコンセント・照明・造作家具などの確認をお客様と共に行います。
    最後に、検査を行い、修正箇所があれば手直しを指示致します。

  • 竣工
    全ての工事が完了した時点で、取扱説明をさせていただき、お引渡しとなります。

  • アフターメンテナンス
    お引き渡し後1年が経過した際に施工会社と共に点検に伺います。

 

 

       <設計料について>

建築士法により用途や建物の規模をベースとした設計監理料が目安として定められています。 

詳細はプロジェクト毎に異なるため内容をお聞きしたのちにご説明いたします。